初心者向け レンタルサーバーを選ぶ基準

 

電話サポートで初めての設定も安心・簡単!

 

厳選した安心・安全・お手頃レンタルサーバー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタルサーバーを選ぶ際に着目すべき点4つ

 

レンタルサーバー,ワードプレス,ドメイン,エックスサーバー,ロリポップ,さくらのレンタルサーバー,スターサーバー,バリュサーバ―

 

サイトの規模に合ったサーバーになっているか?

 

小規模な個人ブログ、ECサイト、コーポレートサイトなど、
どのくらいの規模で運営したいか決めた上で、レンタルサーバーを選びましょう。

 

 

CPUは?

 

CPUとは人で例えると頭脳です。処理能力を決定づける部分です。
「1.8GHz」とか「2.4GHz」とクロック周波数が大きいほど、「コア2」「コア4」とコア数が大きいほど、
処理能力が速いです。

 

メモリは?

 

メモリはCPUが処理をするための作業場です。同時に開いて作業のできるソフトの最大値を示します。
12〜16GBのものから、192GBのものまであります。メモリの容量を示しますので数字の大きな方が高スペックです。

 

転送量?

 

Webページにアクセスが発生すると、サーバー側から閲覧者にデータが送られます。
転送量は、その際送られるデータ量の上限を指します。複数のサイトを運営する場合は転送量の多い方が無難です。

 

 

 

 

 

 

サーバーの種類

 

 

レンタルサーバーと言ってもその種類は色々あります。

 

 

共用サーバー

 

 

共用サーバーは、複数のユーザーが1つのサーバーを使うサーバーです。
1台のサーバーを複数人で利用することになりますので一人ひとりの費用、月額料金や初期費用などは
専用サーバーに比べて非常に安価を設定されています。

 

しかし、そのサーバーを利用している複数のトラフィックも共有していることになり、一部のドメインで大幅に
転送量が増えた時に同じサーバーを利用している他のドメインへ接続しにくいといった状況が起こります。

 

 

共用サーバーの特徴

 

・他のサーバーに比べて安価
・サーバーの管理や運用の必要が無い
・専用ツールが用意されていることが多く、初心者でも使いやすい
・自由度が低い
・他のドメインの影響を受ける

 

 

おすすめの共用サーバー

 

ロリポップ!

利用実績200万サイト以上。これまでに170万人以上がロリポップ!を使っています。ロリポップ!はあなたを迷わせません。

WordPress簡単インストールなら、たったの60秒!ホームページ作成など、やりたいことがすぐ実現できます。
10日間 の無料お試し有り!

⇒詳細・・・

容量 月額 初期費用
最大400GB 100円〜 1500円〜

 

 

 

専用サーバー

 

 

専用サーバーとは、ユーザー一人一人にサーバーマシンを丸々1台貸出しするサーバーの方式です。
利用者ごとにサーバーが割り当てられるために、共用サーバーでおこるような他のドメインの通信料によって
速度が低下したりするような事は起きません。、常時安定状態を維持します。

 

Webサイトに必要な機能を、利用者ごとに設定することができるので自由度が高い。
サイトを入念に作りたい人向けです。

 

しかし、共用サーバーと比較するとかかる料金が高く、必然的に高コストとなってしまいます。、
自由度が高い分セキュリティ管理などのサーバーの管理・運用もそれぞれ管理者が行わなければいけません。
ある程度の専門知識が要求されます。

 

 

専用サーバーの特徴

 

・比較的安定した運用が可能
・高性能なWEBサイトの作成が可能
・自由度が高く、様々な機能をつかえる
・共用サーバーに比べて高コスト
・専門知識が必要

 

 

おすすめの専用サーバー

 

 

エックスサーバー

初心者の方でも安心の24時間365日メールサポート受付!メールでのお問い合わせには、必ず24時間以内に対応いたします。
※※電話サポート(土日祝除く)も行っており、万全のサポート体制を整えています。15年以上にわたり積み重ねたノウハウと高い技術力は、お客様にとってストレスのない安定したサービスを約束します。

 

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大400GB 900円〜 3,000円

 

 

 

VPSサーバー

 

VPSとはバーチャルプライベートサーバーのことで物理的なサーバー上に下層コンピューターを
何台も起動する技術を用いたサーバーの方式です。

 

共有サーバー・専用サーバーのいいところを持ちあわせており、比較的低価格で高性能なサーバーを利用することが出来ます。
VPSサーバーを利用するにあたっての一番の大きなメリットはサンドボックスを容易に使用することができます。

 

仮想サーバーを2つ設定し、仮想サーバAで稼働しているWebサイトに新しいソフトウェアを導入したい場合、
コピーを仮想サーバBに作成して、サーバBで導入テストを行うことによってA同等の環境で稼働中のサイトに
影響をあたえることがなく動作テストを行うことができます。

 

VPSサーバーの特徴

 

・安価で様々な事ができる
・サンドボックスを容易に利用できる
・共用サーバーよりもリソースが多い
・より高度な知識レベルが必要
・専用サーバーほど回線が安定しない

 

 

KDDIウェブコミュニケーションズ CPI

初心者の方でも安心の24時間365日メールサポート受付!メールでのお問い合わせには、必ず24時間以内に対応いたします。
※※電話サポート(土日祝除く)も行っており、万全のサポート体制を整えています。15年以上にわたり積み重ねたノウハウと高い技術力は、お客様にとってストレスのない安定したサービスを約束します。

 

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大無制限 0円〜 0円

 

 

 

 

 

レンタルサーバー関連用語

 

クラウド

 

ドメイン

 

FTP

 

 

 

初心者向けレンタルサーバー上位5社!

 

 

始めてレンタルサーバーを使う人にとっは便利です!

電話サポートで親切に分かるまで教えてくれます。
(私も教えらてた一人です。。)

 

エックスサーバー

初心者の方でも安心の24時間365日メールサポート受付!メールでのお問い合わせには、必ず24時間以内に対応いたします。
※※電話サポート(土日祝除く)も行っており、万全のサポート体制を整えています。15年以上にわたり積み重ねたノウハウと高い技術力は、お客様にとってストレスのない安定したサービスを約束します。

 

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大400GB 900円〜 3,000円

 

 

 

ロリポップ!

利用実績200万サイト以上。これまでに170万人以上がロリポップ!を使っています。ロリポップ!はあなたを迷わせません。

WordPress簡単インストールなら、たったの60秒!ホームページ作成など、やりたいことがすぐ実現できます。
10日間 の無料お試し有り!

⇒詳細・・・

容量 月額 初期費用
最大400GB 100円〜 1500円〜

 

 

 

 

お名前.com レンタルサーバー

月額ご利用料金、最大2ケ月無料。1つのサーバーを契約するだけで好きなだけサイトが作れます!ディスク容量も200〜400GBと余裕がありますので、1サイト当たり200MBだとすると、一番少ないプランでも1000サイトほど作成ができます。24時間対応メールサポート、24時間対応電話サポート有り。

⇒詳細・・・

容量 月額 初期費用
最大400GB 900円〜 無料

 

レンタルサーバー,ワードプレス,ドメイン,エックスサーバー,ロリポップ,さくらのレンタルサーバー,スターサーバー,バリュサーバ―

 

 

クイッカ

無料お試し期間 10日間契約前に無料のトライアル期間あり。プロも使っている高機能サーバーを業界最安クラスの価格で!バックアップ機能で安心して運用が可能。プレミアムプランは標準搭載。

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大40GB 90円〜 最大40GB

 

レンタルサーバー,ワードプレス,ドメイン,エックスサーバー,ロリポップ,さくらのレンタルサーバー,スターサーバー,バリュサーバ―

 

 

 

グーペ

無料お試し期間は15日間!ブログ感覚で手軽にお店のホームページを作成!自分で1から作るのはレベルが高いという方におすすめです。

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大5GB 1,000円〜 3,000円

 

 

 

 

 

 

 

WordPress向けレンタルサーバー!

 

MixHost

数千リクエスト/秒の圧倒的なアクセスにも対応可能な、LiteSpeed独自のキャッシュ機能LiteSpeed Cacheを標準で搭載し、WordPress専用クラウドにも負けない圧倒的な高速表示をご提供します。
WordPressに専用プラグインをインストールするだけで、どなたでも簡単にWordPressサイトを高速化できます。

 

⇒詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大240GB 880円〜 無料

 

レンタルサーバー,ワードプレス,ドメイン,エックスサーバー,ロリポップ,さくらのレンタルサーバー,スターサーバー,バリュサーバ―

 

 

 

スターサーバー

管理・設定もらくらく簡単。

難しいサーバー設定は専用ツールにおまかせ!WordPressなど人気CMSのインストールも必要項目を入力するだけです。2週間無料お試師あり!

詳細は・・・

容量 月額 初期費用
最大200GB 126円〜 1500円

 

 

 

 

Z.com WP

WordPress専用サーバー!WordPressのインストール不要!必要な設定はお申込み完了と同時にセットアップ!すぐにWordPressをご利用いただけます!WordPressを快適に運用するために必要な機能がそろっているので、コンテンツの作成・更新に集中できます。

 

⇒詳細・・・

容量 月額 初期費用
最大100GB 290円〜 無料

 

 

 

 

クラウド

 

 

クラウドとは、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータ資源の利用形態を指します。
近年、ソフトウェアやハードウェアの利用権などが、ネットワーク経由でユーザーにサービスとして提供されており、
この時のコンピューター資源をクラウドと呼んでいます。

 

クラウドは、利用形態によっていくつかに分類されます。
インターネットを経由して提供されるソフトウェアパッケージのSaaS、アプリケーションの実行のための動作環境をネット経由で
提供しているPaaS、ネットワーク経由でハードウェアやインフラを提供しているHaaS、またはIaaSなどが挙げられます。

 

クラウドの契約形態は、インターネットを介して不特定多数のユーザーに提供される「パブリッククラウド」と、
社内ネットワークなどの閉じられたネットワークの中で特定のユーザーのみに提供される「プライベートクラウド」とがあります。

 

「パブリッククラウド」は、一般的に、仮想化技術を用いた共有型リソースであるため、安価でスピーディな導入が可能である反面、
ユーザー個別のカスタマイズには制限が想定されます。
「プライベートクラウド」は専有型でセキュリティ面が有利であり、個別カスタマイズが可能な反面、導入納期や費用がかかる傾向にあります。

 

 

 

ドメイン

 

ホームページのURLなどに使われるドメインを正確に定義すると「インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを
識別するための名前」になります。

 

この定義を聞いてもすぐにドメインについて理解するのは難しいでしょう。

 

ドメインの役割や仕組みといった観点からよりわかりやすい形で記載します。

 

そもそもドメインとは、図で示したように、ご自身のホーページ(ブログ)や会社のホームページの住所ともいえるURLの一部です。
ドメインがなければホームページを公開することはできません。

 

ホームページでは、ドメインの前に「www」のような文字列(ホスト名)と、区切りの意味がある「.(ドット)」が
追加されて「www.ドメイン名」という形で、私たちがよくみかけるURL(住所)となります。

 

 

 

 

FTP

 

FTPは、ファイル・トランスファー・プロトコルの略でです。「ファイルを転送するための約束事」という意味になります。
インターネットなどを通じてファイルを送受信するときに使う方式のひとつです。

 

通常、ウェブサイトに載せるコンテンツは手元のパソコンで作ります。
FTPを使ってウェブサーバーへ送ります。以前は、FTPの専用ソフトがあってよく利用されていたのですが、
最近はホームページ作成ソフトなどにFTPの機能が内蔵されていて、
簡単な操作で無意識のうちにFTPの機能を使っているケースが増加しています。

 

ウェブサイトからソフトウェアなどをダウンロードする場合も、FTPを利用することがあります。
専用のFTPサーバーを用意することもあります。ただし今は、HTML方式でダウンロードすることも可能で、
サイト閲覧者にとってはFTP方式でもHTML方式でも大きな違いはありません。